塩化アルミニウム水溶液

塩化アルミニウム水溶液で手汗を止める!使い方はどうやるの?

手汗 塩化アルミニウム

 

塩化アルミニウム水溶液って皆さんご存知ですか?

 

手汗に悩んでいる人であれば、一度は聞いたことのある塩化アルミニウム水溶液。

 

塩アルだなんて呼ばれてますよね。

 

 

今日はこの塩化アルミニウム水溶液で

 

手汗を止める方法についてみてみたいと思います。

 

最初はちょっと怖いなぁと思うんですが、

 

なれればそこまで難しくは無いと思いますよ。

 

塩化アルミニウム水溶液で手汗を止める方法

手汗 塩化アルミニウム

 

塩化アルミニウム水溶液がどうやって手汗を防ぐのか?

 

そのメカニズムについてまず説明しますね。

 

ちょっと難しいですが、知っておいた方がいいです。

 

 

塩化アルミニウムを手のひらに塗布

汗腺内の汗と反応し、水酸化アルミニウムになる

皮膚のタンパク質(ケラチン等)と水酸化アルミニウムが反応し角栓を作る

汗腺を角栓が塞ぐ

 

 

ざっくりとした感じで書きましたが、ご理解いただけましたか?

 

塩化アルミニウム水溶液なんですが・・・

 

反応して手汗の穴をフタして塞ぐ

 

 

こういえば、簡単にその手法が伝わると思います。

 

塩化アルミニウム水溶液は、手汗を蓋をすることで防ぐんです。

 

ただ、いいことばかりではありません。

 

 

皮膚表面のケラチンというものを溶かしていますので、皮膚を傷つけている結果になるんですね。

 

ですので、この方法は皮膚の弱い方や、皮膚に傷のある方はおすすめできません。

 

さらに、痛みを伴う事や痒みを伴う事が結構あります。

 

ですので、これから紹介する簡単なパッチテストをやってから使ってみてくださいね。

 

塩化アルミニウムの簡単パッチテスト

手汗 塩化アルミニウム

 

手のひらの極一部のみに塩化アルミニウムを塗る

上からセロハンテープを貼って擦れないようにする

2時間くらい放置しておく

剥がしてみて様子を見る。赤くなっていないか??

 

 

まぁ、非常に簡単なパッチテストになりますが。

 

こういったのを事前にやっておいた方がいいでしょう。

 

 

私の知り合いに塩化アルミニウムのパッチテストをやらずに手のひらにたっぷりと塗って、その後炎症でえらいことになった人がいますので。

 

他人事ではないですよ〜。

 

そうなってしまうと、なかなか治らないですからぜひパッチテストしてからやりましょう。

 

塩化アルミニウムの使い方

 

この塩化アルミニウムを手汗に使う場合に、大事なのが密封することですね。

 

ここから使い方を説明しますので、チェックしておいてください。

 

 

(1)まず寝る前に手をしっかりと洗ってその後よく乾かす。

 

(2)手に布製の手袋をはめてその上から塩化アルミニウムを染み込ませる。
(コットンなんかで先に手にたっぷりと塗ったうえで手袋を履いてもOKです)

 

(3)布手袋の上からゴム手袋を履いて密封する(中は塩化アルミニウム水溶液で湿っている状態)

 

(4)ゴム手袋の手首の部分をマジックテープやゴムなどで締めておくといいでしょう。

 

(5)装着したまま寝て、朝起きて流水で洗い流す。

 

 

イメージってなんとなくですが分かりましたか?

 

塩化アルミニウム水溶液をしっかり染み込ませた布手袋をつけて、それを外からゴム手袋でパックするイメージです。

 

こうすることで、塩化アルミニウム水溶液が逃げないですし他のものについたりしません。

 

 

また寝る時は基本的に交感神経が作用しません。

 

ですので汗をかきにくですし、汗によって流れるのを防いでくれるんですね。

 

なので寝る時にたっぷりとつけて浸しておく感じでいいでしょう。

 

塩化アルミニウム水溶液利用の要注意!

 

基本的に塩化アルミニウム水溶液は強めの薬品になります。

 

アトピーの人はかぶれやすいんじゃないかと思います。

 

ヒリヒリやかゆみ、発疹などが生じたときはすぐに使用を止めることを徹底してください。

 

 

後、自分は皮膚がちょっと弱いかもって思う人も、避けた方がいいかもしれません。

 

もちろんパッチテストをしていただいて問題無ければ構いません。

 

ただその場合でも長期間の利用は危険ですので、注意してくださいね。

 

 

コスパなんかを考えると塩化アルミニウム水溶液はいいのかもしれません。

 

ですがどうしても強めの刺激がありますので・・・

 

 

そういった心配のある方はファリネを使ってみてください。

 

こちらも同じ汗腺をふさぐと言う考え方なうえ、パッチテストもしっかりと行っています。

 

安全性ではやはりファリネの方が上だと感じました。

 

継続しての利用もやっぱりファリネは手のことを考えてくれていますから。

 

 

【どうしても手汗が収まらなくて辛い人は】

 

私も毎日使っているファリネをぜひ一度使ってみてください。

 

実際に使ってみた私の体験談を一度ご覧になって、お試しをおすすめしますよ。

 

手汗レベル3の私でも効果が出たんですから、凄い事ですよね。

 

ファリネの体験談はここから≪クリック♪