手汗 レベル

手汗レベルの測り方!手汗がどの程度ひどいのかチェック

手汗 レベル

 

一言で手汗と言っても、人によってどの程度ひどいのかはかなり個人差があります。

 

そんな手汗レベルの測り方があるんですね。

 

自分がどれくらいひどいのか?手汗レベルはどれくらいなのか?

 

これを知っておくと、それ以降の対処に使えますのでチェックしておきましょう。

 

なぜ手汗レベルを知っておかないといけないの?

 

手のひらにかく汗の量が他の人よりもどうもひどいらしい。

 

そういった人は実は手掌多汗症という病気の一種なのかもしれません。

 

病気と書くと何だか怖いのですが、痛いものでも無いですし何か怖いものでもありません。

 

でも、手汗がひどい場合は日常生活にも大きな影響を与えますから、本人にとっては軽いものではありません。

 

 

皆さんはちなみに自分の手汗がどれくらいひどいか手汗レベルをご存知ですか?

 

この手汗レベルを知っておくと、手汗の対策をしやすくなりますし、どんな事を気をつけて手汗対策をすればいいのか分かるようになってきます。

 

手汗用の制汗剤なんかを探すときには目安としていいでしょうね。

 

もしも、まだ自分の手汗がどの程度ひどいのか、手汗レベルを知らない人はこれから紹介しますので、ぜひご自身のレベルを知っておいてくださいね。

 

病院でも採用されている手汗のレベルチェック

 

まず症状として【1日中汗が出ている】場合です

 

手のひらがずっと湿っている【レベル1】
手のひらがずっと濡れている【レベル2】
汗がしたたる状態と濡れている状態を繰り返す【レベル3】
汗がしたたる状態が続く【レベル3】

 

 

【出ていない場合もあるが、いったん出ると止まらない】場合

 

手のひらがしめっている【レベル1】
手のひらが濡れている【レベル2】
汗がしたたる状態と濡れている状態を繰り返す【レベル3】
汗がしたたる状態が続く【レベル3】

 

 

【汗が出ていても引くことがある】場合

 

手のひらが湿っている程度である【レベル1】
手のひらが濡れていて水滴が見えるが、したたることはない【レベル2】

 

 

手汗のレベルはこのように分けられているんですね。

 

私の場合は、基本的に手汗が出てない事もあるが、出ると止まらないというタイプです。

 

その中でも汗がしたたる状態が続くという、レベル3の状態と言えます。

 

 

ずっと手汗が出ているのか?
出てない事はあるが、出ると止まらないのか?
出ていても引いてくれることがあるのか?

 

 

まずはこのどれに当てはまるのかで、自分の状況をチェックできます。

 

手汗がどの程度ひどいのかを知っておくと、対処に便利ですよね。

 

手汗レベル3だと制汗剤とかどうなの?

手汗 レベル

 

私は手汗レベルが3とひどい状態と言えます。

 

そんな私が市販の制汗剤なんかを手に使ったらどうなるのか?

 

『手汗は全然引きません!』

 

 

手の平はかなり濡れている状態ですから、ちょっとやそっとやったくらいではどうにもなりません。

 

私がそもそもファリネを使っているのはここに理由があるんです。

 

 

ファリネってパウダー製なんですが、それがまず最初に汗を吸収して乾かしてくれるんです。

 

この工程が無いと、どうやっても手のひらの表面はべちゃべちゃのままですから。

 

即効性があって、物理的に汗を乾かしてくれるものを使わないと効果が出ないんです。

 

 

市販の制汗剤レベルだと、手汗レベル1くらいなら何とかなると思います。

 

ですが、それ以上は全く効果が出ないと言っても過言ではありません。

 

手の平が常に濡れている状態の人は2以上ですから、こういった人はファリネを試してみると効果があるでしょうね。

 

 

【どうしても手汗が収まらなくて辛い人は】

 

私も毎日使っているファリネをぜひ一度使ってみてください。

 

実際に使ってみた私の体験談を一度ご覧になって、お試しをおすすめしますよ。

 

手汗レベル3の私でも効果が出たんですから、凄い事ですよね。

 

ファリネの体験談はここから≪クリック♪